クレアジュエリーナ│バンダイガールズコレクション おもちゃサイト

よくあるご質問

上手に作れない
  1. 取扱説明書をよく読み手順等に誤りが無いかご確認ください。
どうしても気泡が入る
  1. デコレーションはクレアドロップを注いでから行ってください。
  2. クレアドロップはなるべくゆっくりと注ぎいれてください。
  3. 入った気泡は先の細い棒などで取り除いてください。
完成してしばらくたつと気泡が出来ていた
  1. 硬化時に完全に硬化していないと完成後に気泡が入る場合があります。
    完全に固まったかどうかしっかりと確認しましょう。
出来上がったジュエリーの表面がでこぼこしている
  1. 風が強い日に硬化させると表面がでこぼこになりますので、室内もしくは風の強くない日に硬化させてください。
  2. 硬化中に移動させたりクレアドロップを触ったりすると表面がでこぼこになります。
    移動させたり触ったりしないでください。
  3. 非常階段等、振動をする場所で硬化させると表面がでこぼこになります。安定した場所で硬化させてください。
ジュエリーが黄色くなってしまった
  1. 日光に当てすぎると黄色くなってしまいます。
    紫外線の強い日に硬化させる場合は固まったかどうかこまめに確認し、日光に当てすぎないようにしてください。
  2. 出来上がった後のジュエリーも長時間日光に当てると黄色くなってしまいます。
    保管時は窓辺などに置かず、日の当たらない場所にて保管してください。
  3. 蛍光灯からも微量の紫外線が出ている為長時間蛍光灯の下に置いておくと黄色くなる可能性があります。
    保管時はなるべく暗いところで保管することをお勧めします。
ジュエリーが柔らかく、どんなに日光に当てても固くならない
  1. 長時間かけて硬化させると柔らかく仕上がります。
    推奨している硬化環境を一定時間保てる時に硬化させてください。
  2. クレアドロップを保管する際に紫外線が当たる場所で保管した場合、そのクレアドロップで作ったジュエリーが柔らかく仕上がる場合があります。
    クレアドロップの保管は20℃以下の暗い場所にて保管してください。
固める時の環境

推奨環境

天候:快晴  気温:20℃以上 環境:直射日光が当たる平坦な場所

目安硬化時間

天気の良い日の目安で90分  ※環境により硬化時間は大きく変動します。

固まらない
  1. 気温20℃以下の環境の場合、硬化時間が長くなりますので通常より長く硬化させて下さい。
  2. 約10℃以下の環境では直射日光が当たっても硬化しない可能性があります。
    10℃以上ある室内の直射日光が当たる窓辺で硬化させてください。
  3. 紫外線に反応して硬化する為、日によって硬化時間が異なります。
    しっかり固まるまで日光に当ててください。
  4. 水が入ると固まらない恐れがあります。
    外で硬化させる場合雨には十分気を付けましょう。
  5. UVカットされている窓辺では固まりません。
    UVカットされていない窓辺、もしくは外で硬化させてください。
クレアドロップが皮膚、または衣服についてしまった
  1. 肌や衣服に付いた場合はすぐに水で洗い流してください。
クレアドロップをなめてしまった
  1. 水溶性のため直ちに影響はございませんが、すぐに大量の水を飲み医師に相談してください。
クレアドロップが目に入ってしまった
  1. 水で数分間注意深く洗ってください。
    コンタクトレンズ着用の場合、容易にはずせるようならはずしその後も洗浄を続けてください。
    その後医師に相談してください。
アレルギー成分不使用とはどういう意味ですか?
  1. 肌に刺激を与える物質を使っていないため、アレルギーになることがほとんどありません。
    ただ、すべての人にアレルギーが起こらないということではありません。
家具についてしまった
  1. 家具や床にクレアドロップがついてしまった場合はすぐに水拭きしてください。
クレアドロップはどのように廃棄すればいいですか。
  1. 残ったクレアドロップを廃棄する場合は、硬化させてプラスチックゴミとして、お住まいの自治体の指示に従って廃棄してください。
page top